●梅雨の語源


             ◇◆梅雨の語源             

    6月から7月にかけての初夏の長雨を「ツユ」と呼び、漢字では
   「梅雨」と書きます。
    そもそもは、「バイウ」で、中国から伝わってきた言葉です。中
   国は揚子江流域で、梅の実が熟す時期に雨期があり、それを梅雨と
   呼んでいます。                       

    それでは、「梅雨」を「ツユ」と呼ぶようになったのは?   
    これは江戸時代の頃からです。               

   ■語源については諸説がありますが、             
    ・木の葉などに降りる「露」から来ている。         

    ・梅の実が熟してつぶれる時期であることから、「つぶれる」 
     を意味する「潰ゆ(ついゆ、つゆ)」から来ている。    

    ・「梅」のつくりになっている「毎」は、毎度とか毎日とか、 
     連続して雨が降るこの時期に梅雨という漢字が当てられた。 

    ・昔中国では黴雨という字が当てられていました。
     カビの雨と書いてバイウなのですが、たしかにカビの季節と 
     はいえ語感が悪いので、梅雨という字に改められたという説 
     もあります。